宮古島八重干瀬ツアー専門アクアベース

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishJapaneseKorean

八重干瀬の魅力・攻略法

宮古島旅をお得に楽しもう!

宮古島は美しい海や豊かな自然があり、日常を忘れてリラックスできる場所。癒しを求め、たくさんの方が旅行に訪れます。

……が、旅費や宿泊費など、旅行には「コスト」がつきもの。少しでもお得に旅をしたい方に向けて、ヒントになるような情報をお届けします!

 

オススメの時期

航空券は時期により値段が大きく変動するので、旅行の時期選びは重要なポイント。
宮古島までの旅費を比較的抑えるためのキーワードは、「1月」「梅雨」「11月~12月」の3つ!それぞれ、なぜお得なのかご説明します。

①1月

1月のなかでも、お正月を過ぎた中旬~下旬頃が特におすすめ。
宮古島の1月は、年間を通じ特に寒い時期。海水浴には寒いシーズンなので、海水浴で南国気分を味わいたい方は避ける傾向があります。

しかし、寒いからこそ見られる光景も!

寒いと海中の透明度が高くなるので、ダイビングをすると色とりどりの魚を見ることができます。
また、寒いとはいえ最高気温20度を超える日も多数。本土よりは暖かいですよ。

②梅雨

GW明け~6月下旬頃が宮古島の梅雨。大賑わいのGWが明けると一気に観光客が減り、航空券代も安くなります。
また、梅雨明け~夏休みシーズン前も穴場です。

③11月~12月

気温が下がり始めると同時に、航空券代も下がります。天候も不安定のため、安いシーズンとなります。

また、当たり前ですが「休日より平日」「早朝/深夜便」のほうがお得に移動できます。時期やタイミングを見計らって、お得に移動しましょう!

宿泊施設選びもポイント

宮古島旅行費の大部分を占めるのが、航空券&宿泊費。航空券をお得に予約できたら、あとは宿泊費を抑えるだけ!

少しでもお得に泊まりたいのであれば、ホテルではなくゲストハウスがオススメ。
ゲストハウスとは、簡易的な宿泊所のこと。ホテルとは異なり水回りなどが共有スペースになっており、ほかのお客さんと相部屋になることもあります。

宮古島は旅人が多いため、ゲストハウスもたくさんあります。なかには、アメニティが充実していたり、食事提供ありのゲストハウスも。

ゲストハウスに泊まると、スタッフやほかの旅人と交流できる機会もあります。ホテルに泊まるのでは体験できない、特別な時間を過ごせるかも?

 

現地スタッフからお得旅のススメ

・スタッフはよく、サンエーを利用します!
サンエーは、全域に展開しているスーパーです。スタッフの多くは、他府県から宮古島に来ているので、初めのころはスーパーに行くだけでわくわくしていました(^▽^)/ サンエーでは、沖縄の特産品や、沖縄料理のお惣菜も多く売られているので、お土産探しにもいいかもしれませんね!

 

アクアベースが提案するプラン

アクアベースでは、年間を通して八重干瀬ツアーを開催しています。

宮古島のショップのなかには「オフシーズンは閉業」なところも多いですが、当店は1年中オープンしているのでいつ旅行に来ても安心!

梅雨や冬だからこそ見られる美しい光景もあるので、ぜひツアーをご利用くださいね。天候により八重干瀬に行けないときは、大神島や池間島など波が穏やかなポイントにお連れします。また、ボートを出せないときは、シュノーケルなどほかのアクティビティをご紹介!

☆こちらの記事も参考に!☆

冬の八重干瀬:https://ms-aquabase.com/column/kiji029/

梅雨の八重干瀬:https://ms-aquabase.com/toursimg/tsuyunoyabiji/

お気軽にお問い合わせください♪

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク