宮古島八重干瀬ツアー専門アクアベース

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishJapaneseKorean

八重干瀬の魅力・攻略法

宮古島旅を満喫するためには、移動手段がポイント!島内移動のオススメとは?

電車がない宮古島は、内地に比べると公共交通機関での移動に制限があります。

旅程を考えるときは、移動手段も一緒に考えておくのがオススメ!宮古島旅を満喫するヒントとなる、宮古島での移動手段をご紹介します。

 

宮古島の大きさ

宮古島の面積は約158k㎡。東京ドーム3,398個の大きさです。「離島」と聞くと小さなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、実はけっこう大きいんです!

宮古島を移動するとき、きっと目にするのが「宮古島まもるくん」。

※写真※

島の交通要所に設置してある、警察官型人形です。島内に約20体おり、全員が兄弟という設定を持っています。

 

宮古島での移動手段

  • レンタカー

特に人気の移動手段がレンタカー。島内にも複数のレンタカーショップがあります。
相場は、普通車が1日4,000~6,000円。高級外車専門店もあり、広い選択肢からセレクトできます。
沿岸部や宮古島周辺の離島に行きたい人にとっては、車移動が必須!免許を持っている方は、最優先でレンタカーの利用を検討しましょう。

人気のシーズンはレンタカー不足になることもあるので、旅行が決まったら早めに予約するのがオススメです。

  • タクシー

免許がない方や運転に不安がある方にオススメなのが、タクシー。

宮古空港から市街地まで、約1,500円で移動できます。レンタカーに比べると割高ですが、地元に慣れたドライバーがいるので安心。
また、観光名所を巡る貸し切り観光タクシーもあり。ドライバーさんのトークとともに、ディープな宮古島体験ができるかも?

注意点は、流しのタクシーがほぼいないこと。電話で呼ぶ必要があるので、あらかじめ準備しておきましょう。

  • 路線バス

地元密着の路線バスが複数通っています。

便数は少なく、地元密着ゆえ観光地に向かうものではありません。だからこそ地元民の暮らしぶりを感じられるというポイントもあるので、ゆったり宮古島の風景を楽しみたい方にオススメです。

  • レンタルバイク

タクシーやレンタカーに比べ、コストを抑えて移動できるのがレンタルバイク。絶好のツーリングを楽しめます。
原付バイクであれば、1日2,000~3,000円でレンタルできます。

道路の見通しが悪い場所もあるので、安全運転を心がけましょう!

  • レンタサイクル

宮古島はあまり坂道が無いので、自転車でもめぐりやすい島です。1日約1,000円でレンタル可能。

ほかの手段に比べると時間はかかりますが、ゆっくり宮古島の風を感じながらめぐってみるのも楽しいですよ。

 

現地スタッフから移動のオススメ

・免許を持っていなくても乗ることができる電動キックボードをレンタルするのもおススメですよ!また、自転車で島を一周してみたいけど、体力が心配な方、電動付自転車を貸出ししているところもあるので、ぜひ探してみてくださいね!

・宮古島には、サトウキビ畑がたくさんあります!その広さは約5000ヘクタール!バイクや自転車、オープンカーで、サトウキビ畑の中をドライブするのもいいかもしれないですね(^▽^)/

 

アクアベースが提案するプラン

宮古空港からは、車で30分ほど。レンタカーまたはタクシーでお越しいただくのがオススメです。

アクアベースの店舗は、無料駐車場(30台)完備!
現地集合のツアーにありがちな、駐車リスクを解消しています。駐車場は広いので、ペーパードライバーでも安心です。

また、店舗内にパウダールームやシャワーが完備されているので、ツアーで濡れても大丈夫!レンタカーを汚す心配がありません。

移動の不安を解消して、思いっきり八重干瀬ツアーを楽しみましょう♪

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク