宮古島でダイビング&シュノーケリングツアーにはじめて参加する人のために|初心者・お子さま連れ歓迎!八重干瀬シュノーケル・ダイビング専門25年アクアベース

  • Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishJapaneseKorean
  • 0980-75-2377
  • RESERVATION

八重干瀬の魅力・攻略法

宮古島でダイビング&シュノーケリングツアーにはじめて参加する人のために

待ちに待った宮古島旅行!
旅行の楽しみの一つは海遊び。でも、ダイビングにしようかシュノーケリングのツアーにしようか迷いどころ・・・。

そもそも、ダイビングとシュノーケリングは何が違うの?
ツアーに必要なものって何をっ準備していったらいい?
ダイビングショップがいっぱいあって選べない><

観光雑誌やインターネットで調べてみるけど
「分かるような・・・分からないような・・・」
なんて迷われている方もいるのではないでしょうか?!

そこで、今回はダイビングやシュノーケリングのマリンツアーについてのお困りごとを紐解いていきましょう。

 

シュノーケリングとダイビングの違い

シュノーケリングとは

・水面をプカプカ浮きながら海の中を覗く
・ライセンス不要で、誰でも手軽にできる(アクアベースでは6歳から参加OK!)
・小さなお子さまや泳ぎに自信がない方に特におすすめ
・3点セット(マスク・シュノーケル・フィン)のみ

 

ダイビングとは

・水中に潜って魚たちと同じ目線になれる
・空を飛んでいるかのような浮遊感を感じられる
・専用のダイビング器材の準備が必要
・ライセンスや(ある程度の)スキルが必要

 
アクアベースでは、シュノーケリングに必要な3点セット(マスク・シュノーケル・フィン)の他に、ウェットスーツやライフジャケットなど必要な器材をすべてレンタル器材としてご用意しています。

ダイビングは、ガッツリ海中に潜っていくアクティビティなのでシュノーケリングと比べて装備が多くなります。
でもアクアベースでは、このダイビングに必要な器材はすべて無料のレンタル器材としてご用意しているのでツアーに参加される方はご自分で用意する必要はありません!

シュノーケリングは何といっても「手軽さナンバー1」のマリンアクティビティ。
その分、人によってはダイビングと比べると物足りなさを感じてしまうかもしれませんね。

でも、まだ水中世界を一度も覗いたことがないという方には、幅広い世代の人たちが気軽に楽しめるシュノーケリングからまずは体験してみるのが良いと思います。
シュノーケリングとダイビング、どのツアーにしようか迷った時に、ぜひ参考にしてくださいね♪

 

 

スポンサーリンク

ビーチツアーとボートツアー

ビーチツアーとは

その名の通り、足の付く浅瀬のビーチからシュノーケリングやダイビングのツアーをスタートさせていきます。

足が地についているという安心感があります。
心の準備が整ったところで、自分のペースで徐々に水深の深いポイントに進んでいくのでまったくの初心者、もしくは泳ぎが苦手な方でも無理なくツアーを楽しめます。

ボートツアーだと船酔いの心配がありますが、ビーチツアーではその心配は必要ありません。
 

ボートツアーとは

アクアベースの八重干瀬ツアーはこの、ボートツアー。
ビーチツアーと違い、港からボートに乗船し沖合のポイントまで向かいツアーを行います。

足ははじめからつかないので緊張感はありますが、水深があるポイントでのツアーになるので生き物や海の中の風景に迫力があります。
ビーチでは見ることができない魚や景色を楽しめるのが一番の魅力。

ボートの周辺がシュノーケリング&ダイビングポイントになるので、あまり泳ぎ回らなくてもカラフルな魚たちやサンゴ礁を見られるというメリットがあります。
また、周るポイントによっては水深があるため泳ぎに自信のある人は素潜り(スキンダイビング)するのにおススメ◎

 
足が着かないところからのツアースタートになるので、はじめての方や泳ぎが苦手な方、小さなお子さまには少しだけハードルが高いと思われるかもしれません。
でも、アクアベースのツアーに参加されるのは初心者の方が多い!

小さなお子さまから、はじめてボートツアーに参加される方でも安心してツアーを楽しんでいただけるように、

・マスクの水抜き
・呼吸方法の練習
・フィンを使っての泳ぎ方のコツ

まず最低限、この3つをしっかりレクチャーしてから水中に入っていきます。

シュノーケリングの場合、参加者は全員ライフジャケットを着用しているので沈む心配はないです!
泳ぎが苦手な人のために、ガイドが大きな浮き輪を引っ張ってツアーを案内していくので泳げなくても十分ツアーを楽しめます。

ダイビングの場合は、基本2名1組にインストラクターが1名専属でつきます。
自分たちのペースで練習して、水中での呼吸に慣れていきながら徐々に水深を下げていくのでご安心を!

船酔いが心配だ!という方はツアー参加する30分前ぐらいに酔い止めを服用されるか、最初からビーチツアーを選択されることをおススメします。

 

 

ツアーに参加する服装はなにを着ていったらいい?

はじめての人にとっては心配ごとのひとつですよね。

夏のハイシーズンはウェットスーツが要らないぐらい水温が上がるので、基本的には水着でOK!

それでも、水着はちょっと苦手だ・・・
っという方は、Tシャツ+ショートパンツなど濡れても良い格好でスポーツできる動きやすい服装で全然大丈夫です◎

水着だけだと日焼けが心配だという女性の方も多いと思います。
なので、薄手のロンTかラッシュガードをご準備ください。
冷え性や寒がりの方は特に用意しておくことをおススメします。

 
その他、用意しておくと良いものをリストアップしてみました。

・バスタオル
・ビーチサンダル
・ツアー後の着替え
・日焼け対策グッズ
・酔い止め薬(ツアーの30分前に服用しておくとGOOD)

最低限これだけあれば問題ないです。

アクアベースでは、メガネの方のために度付きのマスクも用意しているので予約時や受付けの際にお気軽にご相談ください。
コンタクトレンズを着用している方で、ハードコンタクト使用の方は度付きのマスクを使うようにしましょう。
絶対外れます。。

ソフトコンタクト使用の方は外れないとも限らないですが、コンタクトを着けたまんまツアーに参加されるなら使い捨てコンタクトにしておきましょう。
マスクに水が入ってこないという保証はありません!
もしもコンタクトレンズが水で流されてしまっても当店での保証は一切ないので、自己責任でお願いします。
不安な方は迷わず度付きマスクをレンタルしてツアーに参加ください。
 

 

ショップ選びのポイント

離島の小さな宮古島って思っていたけど、本当にたくさんのダイビングショップがあって、
「どこを選べばいいの?」
っていう疑問はありますよね。

まずは、ざっくりツアーの値段で選んでみるのもありかと

 
「八重干瀬ツアーに参加しよう!」
と決めたとき、ここでひとつ気をつけたいのが、乗船時間

八重干瀬は沖合にあるスポットなので、車や徒歩では決してたどり着けない場所。
なので、必然的にボートに乗船するボートツアーの一択。

宮古島の場合、宮古島本島側の港から出港するツアーだと乗船時間が約1時間ほど。
船酔いが心配な方にとっては、ポイントに到着した頃にはかなりグロッキーな状態になってツアーを楽しめる状態でない場合もあります。

その分、アクアベースのボートツアーは八重干瀬に一番近い池間島にある港から出港するので、乗船時間は15~20分ほど。
そうとう乗り物酔いが激しい方じゃない限りは船酔いの心配がほとんどありません。

また、乗船時間が長いツアーだと移動に時間がかかってしまって実際のポイントで海に入っている時間が30~40分と短いツアーも。

八重干瀬ツアーを検討する際には、乗船するボートの移動時間でショップを選んでみるのも一つです。

 

店舗集合?現地集合・解散?


宮古島のほとんどのビーチは、天然ビーチ。
なのでトイレ・シャワー・更衣室といった設備が整っていないところが多いです。

駐車場も限りがあるので、人気のスポットほど混みあう時期には車を停めるのに時間がかかってしまうことも。。

ショップによっては店舗に集まって、そこからツアーを開催する場所までみんなで移動するところもあります。
店舗にシャワーや更衣室といった施設を整えているところも。

お子様づれのファミリーの場合ツアー後、濡れて冷えたカラダをそのままにしちゃうと風邪をひく心配もあります
そもそも濡れたまんまでレンタカーに乗るのに抵抗がある方もいらっしゃるともいます。

店舗集合なのか現地集合なのかでショップを選んでみても良いと思います。

 
アクアベースは店舗集合になっているので、上記の不安・不便要素はすべて解消!
無料の駐車場と男女エリア別の温水シャワー&更衣室、トイレを完備しています。
女性ゲストに好評なパウダールームも備えているので、ツアー後の旅支度もバッチリ。

・施設の設備が充実していること
・ツアー内容の説明、情報の公開がしっかりしていること
・ツアー価格表示を明確にしていること

このあたりを押さえておけば、ショップ選びもやりやすくなると思います。
マリンツアーを申し込む前には、最低限このくらいの情報は抑えておくようにしましょう。

 

アクアベース店舗の施設をチェックしてみよう!
アクアベースの充実した設備のご案内

 

おわりに

いかがでしたか?

今回は、宮古島でのダイビング&シュノーケリングのマリンツアーに参加するにあたってのお困りごとを4つのテーマに分けて解説してみました。

・できるだけ安く済ましたい
・安心してツアーに参加したい
・写真映えするスポットでキレイな写真を撮りたい
・八重干瀬のいろんなポイントに行ってみたい
・体験したことのないアクティビティで遊びたい

 
などなど、今度の宮古島旅行で自分のやりたいことをじっくり考えてみてもイイいともいます。
たぶんニヤニヤが止まらなくなるはず(笑)

 
・宮古島の美味しいお食事処を教えて欲しい
・宮古島の海で一番おすすめなスポットを教えて欲しい
・ウミガメに会いたい

どんな些細な事でも大丈夫なので、質問やご相談などありましたお気軽にどうぞm(_ _)m
 

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク