夏真っ盛り!宮古島の9月は海遊び本格シーズン!
これから宮古島に行く人必見!八重干瀬ツアーガイド|初心者・お子さま連れ歓迎!八重干瀬シュノーケル・ダイビング専門25年アクアベース

  • Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishJapaneseKorean
  • 0980-75-2377
  • RESERVATION

八重干瀬の魅力・攻略法

夏真っ盛り!宮古島の9月は海遊び本格シーズン!
これから宮古島に行く人必見!八重干瀬ツアーガイド


 

本州で9月といえば、夏も終わり紅葉の季節ですが、ここ宮古島の9月はまだまだ夏真っ盛り!
夏休みの時期の7月・8月はハイシーズンですが、ちょっと時期をずらした9月はハイシーズンよりも少しだけ安く宮古島旅行ができて、さらにマリンスポーツも十分に楽しめる穴場な時期!

9月の台風は?


そう、沖縄と言えば台風。
1年の中でもっとも台風接近平均回数が多いのが8月で、その次が7月と9月。
例年の予想だと9月は台風にあたる確率も高いけど・・・
台風に遭遇しなければ、存分に宮古島旅行を楽しむことができる!!

スポンサーリンク

宮古島の9月は、夏真っ盛りで海遊びのハイシーズン


9月上旬ごろは、8月からの猛暑ピークを過ぎてもまだまだ真夏日が続いていきます。
でも、9月後半頃になると南風から北よりの風向きに変わってきて徐々に暑さも和らいでくる。
朝晩は涼しくなってきて、湿度も低くなるので蒸し暑さもひと段落。

9月の宮古島は平均気温は27℃、平均最高気温は29℃と、まだまだ夏本番ともいえる気温。
海は平均水温が28.5~29℃と高く、海水浴シーズンはまだまだ続く!

9月の八重干瀬ツアーで準備しておくと良いアイテム


8月ほどの暑さはないといっても、日中はまだまだ夏真っ盛りでジリジリとした暑さが続いているので余裕で日焼けします。
朝夕は少し涼しいくらいで湿気も少なく快適!

熱中症や日焼け対策は必須。
八重干瀬ツアーはボートでの移動なので、
・日焼け止め
・薄手の長袖やラッシュガード
・帽子、サングラスなど
アイテムを準備しててもGOOD◎

その他にも、タオルや飲み物(ペットボトル500mlなど)も準備しておくといいですよ。

アクアベースの八重干瀬ツアー・午前便


9月の宮古島は、日中の気温は30℃以上で7月、8月同様に南国特有の蒸し暑い日が続きます。
八重干瀬ツアーはボートツアーなので船上で長時間太陽に肌をさらすと、火傷した水膨れのような状態になるので注意が必要。
強烈な日差しは相変わらず!ツアーに参加される際には日焼け対策を忘れずに。

当日の天気や海洋状況、潮の干満などにもよりますが、早朝の時間帯は透明度が良くなる確率が高くなります。
ウェットスーツはまだ必要ない水温です。
他ショップのツアーも少ないこともあり、八重干瀬をほぼ貸し切り状態で満喫できます。

Aコース(所要時間:3h)八重干瀬シュノーケルトリップと八重干瀬体験ダイビング+シュノーケルトリップの1便目なら
8時集合で解散が11時半ごろなので、午後の観光などのスケジュールも立てやすい!
宮古島観光を丸一日満喫するなら午前便がおススメ♪

アクアベースの八重干瀬ツアー・お昼便


ホテルで朝食を食べて、ゆっくり出かける準備をしてお昼からガッツリ遊べるツアーが11:30集合で解散予定が14:30ごろのお昼便。

太陽が真上に昇ってくるこの時間帯は、午前中よりも海の透明度&八重干瀬の絶景がきれいに見える確率がグンっと上がる!
1ポイントまでの15~20分のクルージングの間は、夏の濃い青の空とエメラルドグリーンの海とのパノラマビューが楽しむことができます。
フォトジェニックな写真を撮るならこの時間は外せない!

お腹がすくランチタイムのツアーになってしまうため、ツアー前にガッツリお昼を食べてくる方もいますが・・・
食べすぎには注意!
船に揺られて悲惨なことになりかねないのでw
お昼ご飯は軽くで止めておきましょう。
14時半ごろには港に戻ってくるので、ガッツリランチはツアー後に取っておくことをおススメします。

アクアベースの八重干瀬ツアー・午後便


午前中は観光スポットを回って、午後から八重干瀬ツアーを楽しみたいと考えている方や、
昼ごろに宮古島に到着して、その足でツアー参加を考えている方におススメのツアーが、
Aコース(所要時間:3h)八重干瀬シュノーケルトリップと八重干瀬体験ダイビング+シュノーケルトリップの3便目♪

15時集合とゆっくりの時間帯からのツアーになります。
「時間が遅くなっちゃうと海の中も暗くなる?」
っと思われがちですが、9月になってもまだ宮古島の陽は長いので、夕方の時間帯でも太陽の位置が高く日差しも強い!
海の中も全然明るいのでシュノーケリング&ダイビングを楽しむのに十分◎

ツアー後半の時間帯になると午前便、お昼便より日差しが弱まってくるので、涼しい海風にあたりながら帰りのクルージングを満喫できる♪

【まとめ】


 
手つかずの自然が多く残っていて、2013年には日本最大の卓上サンゴ礁群として国指定天然記念物に指定されている八重干瀬(やびじ)。
サンゴ礁はもちろんのこと、デバスズメダイやキンギョハナダイの群れ、ロウニンアジやウミガメなど魚以外の海の生物の種類も豊富。
スーパークリアーブルーの八重干瀬の海中でシュノーケリングやダイビングが楽しめる!
そんな人気のスポットは、宮古島に訪れたら必ず行くべきとおススメするスポットのひとつ。

抜群の透明度を誇る美しい海と、南国リゾートらしい暑さが続く9月の宮古島で、思う存分マリンアクティビティを是非楽しんでください!

1年を通して宮古島・八重干瀬の海を楽しんでいただけるように、自社専用ボートではキンキン冷えたお茶もご用意しています。
日本はもとより世界的にも有名なダイビング&シュノーケリングスポットなので、ぜひ私たちと一緒に日本のグレートバリアリーフ・八重干瀬(やびじ)でステキな思い出をつくりましょう♪

  • 〇 奇跡の八重干瀬ブルーを気軽に体験!一番人気のAコースシュノーケルトリップ! >> シュノーケル Aコース
  • 〇 奇跡の八重干瀬ブルーで半無重力体験!Aコース体験ダイビング+シュノーケルトリップ >> 体験ダイビング

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク