【ドライブスポット】一周まわって池間島から眺める海は最強説!?|初心者・お子さま連れ歓迎!八重干瀬シュノーケル・ダイビング専門25年アクアベース

  • Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishJapaneseKorean
  • 0980-75-2377
  • RESERVATION

八重干瀬の魅力・攻略法

【ドライブスポット】一周まわって池間島から眺める海は最強説!?

池間島から眺める海は絶景

日々の慌ただしさから離れて、穏やかな時間を楽しむ。

宮古島本島の北に位置する池間島。
島全体に手つかずの美しい自然が残っていて、人も少なく、とても穏やかな雰囲気。

宮古島と池間島を結ぶ全長1,425mの池間大橋はの上からの眺めは、絶景ポイントの1つになっていて宮古島に訪れた際にはぜひ足を伸ばしてほしいスポット!

日本有数のシュノーケリング&ダイビングスポット「八重干瀬(やびじ)」へは、池間島の港から最短ルートで行くことができる。
国指定の天然記念物となっている海の楽園は一見の価値アリ!

島内は車で1週5分ほど。宮古島常連の旅行者は池間島に宿泊する人も多く、島で暮らすように旅を楽しんでいます。
島の北側にあるプライベートビーチ「フナクスビーチ」は波も穏やかで、小さなお子様づれのファミリーに人気。
その他にも、池間島の周辺には白浜の隠れビーチが点在していて、海水浴やシュノーケリングが楽しめます。

スポンサーリンク

池間島の見どころスポットを紹介

①世渡橋(せどはし)

宮古島本島から池間大橋を渡る手前、橋のたもとに位置します。
おススメの撮影ポイントのひとつで、小さな東屋があってそこからローアングルの池間大橋をダイナミックに撮ることができます。
また、パノラマビューで見渡せるエメラルドグリーンの海と大神島の絶景も見応え十分ですよ。

②池間大橋(いけまおおはし)

全長1,425mの宮古島本島と池間島を繋ぐ橋。
橋の両サイドに果てしなく広がる青い海は、思わず言葉を失ってしまうほどの美しさ!
おススメの撮影ポイントは、池間大橋を渡りきった右側にある食事処「海美来(カイミール)」の屋上にある展望台。
そこからは池間大橋の全景を写真に収めることができます。
池間島内には、コンビニがないので飲み物やオヤツなどはこちらで補給することをおススメします。

③マサカダツ(まさかだつ)

宮古島本島から池間大橋を渡りきって直ぐ右横にある白浜のビーチ。
橋のたもとのパーキングエリアにある食事処「海美来(カイミール)」の横からビーチへ降りる階段がある。
半円形に海に突き出たビーチで池間大橋を下から見上げることができ、真正面にはエメラルドグリーンの海に浮かぶ大神島を眺めることができる。
ここのビーチは海水浴を楽しむというよりは、記念写真を撮って帰る旅行者がほとんどです。

④池間湿原(いけましつげん)

海じゃないけど・・・
ここは多くの野生生物が観察できる池間島の中心にある湿地帯。
現在は、沖縄県内最大級の湿原で環境省選定の「日本の重要湿地500」のひとつに選ばれている。
一昔前、池間島は2つの島からできていました。
島の隆起などで陸地化が進み、昭和9年ごろから開拓工事などにより土砂で埋め尽くされて今の池間湿原になったといわれています。

⑤フナクス(池間ブロック)

道路脇にあるブロックがビーチへの入口の目印。
通称「池間ブロック」とも呼ばれ、池間島には小さな浜がいくつも点在していますが、その中でも特に人気。
シュノーケリングや海水浴スポットにもなっていて、透明度抜群な海とサンゴ礁にカラフルな熱帯魚たちが出迎えてくれます。
フナクス(池間ブロック)は公衆の海水浴場ではないため、遊泳する場合は自己責任になります。監視員も常駐していないので、安全には十分注意して海遊びを楽しんでください。

⑥カギンミ浜ビーチ(池間ロープ)

ビーチへの入口は少しわかりづらくなっている。ビーチへ降りるのにロープを伝って降りることから、通称「池間ロープ」とも呼ばれていて東西にのびる細長いビーチは開放感いっぱい。
ここのビーチは自然のままのビーチなので、駐車場、シャワー、トイレはもちろんのこと自動販売機なども無い。
フナクス(池間ブロック)同様に、カギンミ(池間ロープ)も公衆の海水浴場ではないため、遊泳する場合は自己責任になります。監視員も常駐していないので、安全には十分注意して海遊びを楽しんでください。

⑦イキヅービーチ

ハート岩がある小さなビーチ。
NHKの朝ドラ「純と愛」のロケ地としても有名。ここへのアクセス方法は、池間大橋を渡り左前方へ道なりに直進。池間小中学校を左手に見ながら進み、島唯一の信号機を越えた先にイキヅービーチがあります。
ハート岩の撮影ポイントには看板がたっているので、そこからキレイな海とハート岩をバックに記念写真を撮りましょう♪午後になると逆光になってしまうので、おススメは午前中◎
訪れると幸せになれるかも?

⑧マイバイ地区

どこの観光雑誌にも載っていない、現地の人だけが知っている隠れサンセットスポット。
目の前に遮るものがないので、水平線に沈む夕日を季節関係なく楽しむことができる。
稀に、夕日が沈む瞬間、空一面が緑色に包まれるグリーンフラッシュという現象がみられることも。

隠れスポットで楽しむ海遊び

アクアベースの八重干瀬ツアーに参加した後でも
「まだ泳ぎ足りないっ!」
というあなたには、池間島に点在するプライベートビーチでのシュノーケリング、海水浴がおススメ◎

ただ、どのビーチも公衆の海水浴場ではなく、監視員も常駐していないということもあるので、遊泳する場合は自己責任になります。
安全には十分注意して海遊びを楽しんでください。
絶対に1人で、または小さなお子さまだけでは海に入らないようにしましょう。

たっぷり海遊びした後にシャワーで潮を洗い流してサッパリしたいという方は、アクアベースまでお気軽にご相談ください!
男女エリア別に分かれた更衣室&温水シャワーに女性専用のパウダールームを完備。
また、男女ともドライヤーも揃えているので次の予定の準備をしていくこともできます。

せっかくの宮古島旅行。
とことん海遊びを楽しみたいアナタには池間島がピッタリ!

アクアベースのツアーに参加する前に、島内をグルっと一周ドライブしながら絶景ポイントで記念写真を撮るのもおススメですよ♪

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク